最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

僕はまた、君の夢を見る

  • 24 読みたい
  • 71 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download 僕はまた、君の夢を見る 本 Epub や Pdf 無料, 僕はまた、君の夢を見る, オンラインで書籍をダウンロードする 僕はまた、君の夢を見る 無料で, 本の無料読書 僕はまた、君の夢を見るオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 僕はまた、君の夢を見る 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  石脇 優
    • 発売日:  2020年11月03日
    • 出版社:  エリマセレクト出版
    • 商品番号:  1230003704394
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    内容紹介


    ”こんな悲しい現実がある事を知って欲しい、今あるあなたの幸せに気づいて欲しい”


    水商売のアルバイトをしながらフラフラしていた優、20歳の夏、希(妹)の余命が残り1年と告げられる


    日に日に弱っていく希をただ見守るしかない優は、死にゆく運命の妹に自分には何が出来るのかを自問自答する。


    希の発病、入院、最後の日。そして死後。


    余命1年と宣告される、それまでに起こった運命的な偶然、余命宣告されてから亡くなるまでの壮絶な日々、家族愛と死についてを描いている。


    -------------------------------------------------

    「まぁ君、のんちゃんの手を握って名前を呼んであげて」


    そう母親に促され、言われるがまま手を握り希の名前を呼んだ。


    思い返せば僕が希の手を握ったのは記憶する限りではこれが始めての経験だったかもしれない。


    それほど、妹がこんな状態になるまで、彼女に無関心だった。


    こんな状況にも関わらず希に触れている事に対して少し照れくさい感情すらあった。


    そんな自分に激しい嫌悪感を抱くとともに言葉では言い表せない程、心は後悔の念でいっぱいに覆われていた。


    もっと早く手を握ってやればよかった。


    もうこの子には手を握っている事もわからないのだから..


    【本編より抜粋】

    -------------------------------------------------


    「彼女が亡くなったのは9月のまだ僅かに夏の暑さが残るそんな日でした。

    15年以上経った今でも彼女の夢を見ます。

    彼女の死は他人からすればどこにでもある様なありふれた話なのかもしれません。

    でも私にとってはその後、何十年と残された自分の人生に大きな影響を与える悲しい出来事でした。」


    閉じ込めていた記憶の断片を一つ一つ思い起こしながら10年かけて執筆

    大切な人との記憶、喪失感と悲しみを綴った感動作。


    【著者について】

    石脇 優(いしわき まさる)1982年、大阪府生まれ。東京都在住。

    2007年に上京、IT関連企業勤務などを経て2008年より執筆を開始。

    本作が自身の処女作となる。

    現在はアパレル通販サイトの運営の傍ら執筆活動を続けている。


    ページ数: 144 ページ

あなたも好きかもしれません

僕はまた、君の夢を見る by none ダウンロード PDF EPUB F2