最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ ──江戸四大名物食の誕生 (ちくま学芸文庫)

  • 66 読みたい
  • 47 現在読んでいるもの

発行元 伊藤詩織 .

    Download すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ ──江戸四大名物食の誕生 (ちくま学芸文庫) 本 Epub や Pdf 無料, すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ ──江戸四大名物食の誕生 (ちくま学芸文庫), オンラインで書籍をダウンロードする すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ ──江戸四大名物食の誕生 (ちくま学芸文庫) 無料で, 本の無料読書 すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ ──江戸四大名物食の誕生 (ちくま学芸文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ ──江戸四大名物食の誕生 (ちくま学芸文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  飯野亮一
    • レーベル:  ちくま学芸文庫
    • 発売日:  2016年06月10日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591210758920
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    日本料理の基礎が出来上がった江戸時代。後期に入り経済事情が安定すると、ふだんの食事にも胃袋を満たす以上のものが求められるようになる。こうした中で生まれ、洗練されていったのがすし、天ぷら、蕎麦、うなぎだ。腕利きの料理人が現れると、食べ手にも粋人が現れる。この両者が出会い、食の世界に変革がもたらされていった。たとえば、日本橋南詰の天ぷら屋台の名店「吉兵衛」の客が、隣り合わせた屋台のかけ蕎麦に天ぷらを浮かべることを思いつく、といった具合に──。膨大な史料を読み解き、江戸四大名物食誕生の知られざる歴史に迫る、江戸食文化史の決定版!

あなたも好きかもしれません

すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ ──江戸四大名物食の誕生 (ちくま学芸文庫) by 伊藤詩織 ダウンロード PDF EPUB F2

日本料理の代表料理であるすし、天ぷら、うなぎが誕生した歴史を、様々な文献や絵図をもとにして、客観的事実を積み上げて紐解いたはじめての学術書。文庫版しかないのが不思議な程の重厚感もある、日本の食文化論を示した書籍。
特にうなぎの誕生秘話は、著者の飯野亮一先生が初めて発見した事実が沢山有り、この本以前とこの本以後で他の書籍の記載が変わる日本料理界に残した金字塔的名著と言える。