最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

あしたも、さんかく 毎日が落語日和 (文学の扉)

  • 36 読みたい
  • 71 現在読んでいるもの

発行元 安田夏菜 .

    Download あしたも、さんかく 毎日が落語日和 (文学の扉) 本 Epub や Pdf 無料, あしたも、さんかく 毎日が落語日和 (文学の扉), オンラインで書籍をダウンロードする あしたも、さんかく 毎日が落語日和 (文学の扉) 無料で, 本の無料読書 あしたも、さんかく 毎日が落語日和 (文学の扉)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 あしたも、さんかく 毎日が落語日和 (文学の扉) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  安田夏菜
    • レーベル:  文学の扉
    • シリーズ名:  あしたも、さんかく 毎日が落語日和
    • 発売日:  2014年07月04日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000016691
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    令丈ヒロ子氏、絶賛! 小5の3学期、クラスを仕切りたがる圭介は、幼なじみの春香に「おせっかい」とツッコまれ、「空気の読めない奴」と浮いてしまった。そこに失踪したじいちゃんが現れた。50歳で仕事を辞めて落語家に弟子入りし、酒でしくじり破門されたじいちゃんは、昔、取り上げた圭介の貯金を、アマチュア落語コンクールの賞金で返すと言い出した。半信半疑の圭介は、じいちゃんの話芸に、どんどん引き込まれ……。

あなたも好きかもしれません

あしたも、さんかく 毎日が落語日和 (文学の扉) by 安田夏菜 ダウンロード PDF EPUB F2