最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)

  • 8 読みたい
  • 82 現在読んでいるもの

発行元 押井守 .

    Download 認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書) 本 Epub や Pdf 無料, 認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書), オンラインで書籍をダウンロードする 認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書) 無料で, 本の無料読書 認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  村瀬 孝生, 東田 勉
    • レーベル:  SB新書
    • 発売日:  2016年02月05日
    • 出版社:  SBクリエイティブ
    • 商品番号:  4524797385310
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    認知症の見方、イメージが180度変わる!


    ◆5人に1人がなるものが果たして病気か


    ◆間違った方向へ進んだ認知症の「常識」を正すために!


    介護の問題は突き詰めれば認知症の問題となり、認知症の問題は突き詰めれば薬害の問題だ。

    かつて痴呆と呼ばれ「だいぶぼけてきたね」で済まされていたお年寄りが、

    今では認知症という病名をつけられ、医療の対象となって薬物療法を施されている。

    うつ病の薬ができたためにうつ病の患者数が飛躍的に増えたのと同じように、日本は、

    年をとると誰もが認知症にされかねない、脳に作用する薬を処方されかねない国になってしまっている。


    ◆「5人に1人が認知症」時代ーー5人に1人がなるものが果たして病気か、

    それは「老化」の一形態ではないのか

    ぼけても安心して生きられる社会へ。ぼけは決して悪い言葉じゃない!


    読者のみなさんは、2004年に認知症という病名が厚生労働省によってつくられたことをご存知ですか?

    つくられた病名ですから、認知症という病気はありません。

    実際にはアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症、

    前頭側頭型認知症(以上を医学的には4大認知症と呼びます)などの病気があり、

    これらによって「認知機能が低下した状態」が認知症です。

    認知症を引き起こす原因疾患は70種類もあると言われますが、

    これらを正確に鑑別できる医者はめったにいません。

    鑑別できなくても「認知症です」と言えば、抗認知症薬が投与できてしまいます。

    抗認知症薬には副作用があり、興奮や徘徊といった副作用が出たら、

    それを抑えるために向精神薬が投与されます。

    そのことによって、お年寄りは本物の認知症にされてしまうのです。

    本書から「認知症を恐がる必要はない」

    「認知症を病気にしない暮らしがある」ことを学んでいただきたいと思います。

あなたも好きかもしれません

認知症をつくっているのは誰なのか 「よりあい」に学ぶ認知症を病気にしない暮らし (SB新書) by 押井守 ダウンロード PDF EPUB F2