最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

独白する遊女とその禿 (蘭月文庫)

  • 50 読みたい
  • 89 現在読んでいるもの

発行元 山田太朗 .

    Download 独白する遊女とその禿 (蘭月文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 独白する遊女とその禿 (蘭月文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 独白する遊女とその禿 (蘭月文庫) 無料で, 本の無料読書 独白する遊女とその禿 (蘭月文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 独白する遊女とその禿 (蘭月文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山田太朗
    • イラスト:  水綺鏡夜
    • レーベル:  蘭月文庫
    • 発売日:  2015年02月18日
    • 出版社:  夕霧文庫
    • 商品番号:  5591207319950
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    時は、徳川が築いた太平の世。江戸一番の遊郭・吉原に、文字通り「君臨」している最高級の遊女がいた。ある日、彼女が自身の「禿」に選んだのは、琥珀色の瞳を持つ少女だった。そこで少女が巻き込まれて行く「禿」と「遊女」に纏わる無限ループーー。

    「遊女」と「禿」が交代で語る、遊女と禿と客の人間模様とそこに絡み付く一筋の影ーーあなたは、作者の仕掛けたトリックに気が付くだろうか? 時代小説の仮面をかぶったミステリ、登場。

あなたも好きかもしれません

独白する遊女とその禿 (蘭月文庫) by 山田太朗 ダウンロード PDF EPUB F2

スマホ・パソコン・タブレット、持っている端末全てで表示してみましたが、ページ最後の2行くらいが表示されず、憶測で読み進めていましたが、最後まで「?」
話としては、面白い…んでしょうね。安いから仕方ないのかもしれませんが、なんだか話が駆け足過ぎて、「え? もう終わり?」って感じでした。
表紙買いして後悔するパターンですね。